自動車試作板金、パイプ曲げ加工、溶接、車両改造、オーダーメード、ワンオフの(有)エーエス

パイプ曲げ加工




[特徴]


・直線から小さなアールの後、大きなアールなど、連続した曲げ加工が出来ます。

・ステンレスなどはキズが付きにくいため後工程(バフ掛け等)の処理が楽です。

・最小アールがパイプ径の3倍(3R/D)からですが、最大アールは無限です。



[実績加工材質]



 鉄パイプ(STK,STKM)

ステンレススティールパイプ(SUS304)

アルミニウムパイプ(A6063)




[加工パイプ径]


@Φ19.1×t1.6〜t2.0

AΦ22.2×t1.6〜t2.0  

BΦ25.4×t1.6〜t2.0  

CΦ27.2×t1.6〜t2.0  

DΦ31.8×t1.6



※Φ19.0、Φ22.0、Φ25.0、Φ32.0なども加工に条件が入りますが、曲げ加工可能です。



[パイプ曲げ加工例]


SUS304Φ19.0をオーバルに曲げ加工

致しました。
STKMΦ22.2を複雑な形に

曲げ加工を行いました。
上記の曲げを上から

見た形状です。
STKMΦ22.2を大きなRとストレートを

組み合わせて曲げ加工を致しました。
STKMΦ19.1をR700と両端部に

ストレートを200ミリの指示で

曲げ加工いたしました

目立ったキズはありません。
STKΦ27.2を「ひねり」ながら

製作いたしました。
左の写真は上の写真の
上面視です。
左はSUS304を大小Rで曲げたものです

右はそのアールの部分です

キズはほとんど見えません
SUSの大きなRです

右は拡大写真です
左はSTKMをスパイラルに曲げたものです

右もSTKMを曲げたものです
このような形も曲げられます



トップページ | 加工例 |パイプ曲げ・資料